au故障紛失サポート(安心ケータイサポートプラス)の利用方法、注意点などのまとめ

先日スマホとタブレットが入ったバッグを豪快に階段から落としまして…2つともどうにも動かなくなってしまったので故障紛失サポート(安心サポートプラスの名前が変わっただけ)を利用してみました。

今回は交換までの流れと注意点などを体験談を交えてまとめていきたいと思います。

故障紛失サポート(安心ケータイサポート)とは

故障紛失サポートは交換電話機お届けサービス、お預かり修理が割引で受けられるサービスです。

月額380円で加入でき、全損、紛失、水濡れなど様々なトラブルに対応しておりとても便利。

故障紛失サポート(安心サポート)のサービスを受けるには?

当たり前ですが加入していなければ話は始まりません。加入条件はau携帯電話の購入時のみになっているので途中加入は不可です。

ご自身が加入しているか分からない場合はまず確認してみましょう。確認方法は以下の通り。

auのログイン画像

まずはこちらの『My  au』にてログインします。

 

auのログイン画像

ログインしたらこちらをクリックして下さい。

 

auの契約情報

手順通りにクリックしていただければ契約内容が確認できます。

ご契約情報のオプションサービスに故障紛失サポート(安心サポート)の表記があればOKです。

 

交換電話機お届けサービスとお預かり修理の違いについて

交換電話機お届けサービスはWEBか電話で申し込み、同一機種、同一色のほぼ新品(新品電池のリフレッシュ品)が最短で当日届くサービスです。

対してお預かり修理はauショップに持ち込んで交換ではなく修理をしてもらうサービスになります。修理を終えるまで多少時間はかかりますがその間、代用機を使うことができます。

保証対象外の違い

2つとも天災によるトラブル、または故意の破損、電話機の改造、ソフトウェアの改造、解析、コンピューターウイルス起因の不具合などは対象外になります。

が、こちらの『傷、汚れ、塗装の剥離など軽微な損害』は交換電話機お届けサービスでは対象外ですがお預かり修理では対象内です。

ではそれぞれの詳細を説明していきましょう。

 

交換機お届けサービスの場合

  1回目 2回目
au契約が25ヶ月以上 au契約が25ヶ月未満 au契約が25ヶ月以上 au契約が25ヶ月未満
負担金 3000円 5000円 6000円 8000円
代用機なし+WEB割引適用 2000円 4000円 5000円 7000円

表を見て分かるように契約年数や利用回数で金額が変化していますね。

代用機なし+WEB割引適用というのは代用機なしで500円、WEBでの申込みで500円割引されるということです。といってもWEBで申し込む際、代用機の利用はできませんので自動的に1000円割引されることになります。

また交換電話機お届けサービスは一年間に2回までという回数制限があります。

例えば2017年3月1日に1回目、2017年8月1日に2回目を利用したとしますね。次にこのサービスを利用したい場合、2018年の3月1日まで待たなければなりません。つまり利用した日から1年間という計算です。

また、購入から1年間は保証対象内の故障の場合は回数にはカウントするが無償で利用可能。(保証対象内とは自然故障などのこと)

故障、部分破損、全損、水濡れ、盗難、紛失の全てで一律、上記の表の金額なのがこのサービスのお得な所です。回数制限に注意して利用すればお預かり修理よりもかなり得ですね。

 

お預かり修理の場合

こちらは故障原因によってかかる金額が変わります。

水濡れ、全損を除く保証対象外の故障は最高で5000円。また水濡れ、全損の場合は10000円にて携帯をリニューアルしてもらえます。

交換電話機お届けサービスと比べて金額が高いですね。ただ、例えば一年間に何度も全損させたり、水濡れさせてしまって交換電話機お届けサービスの回数制限を超えてしまった場合、こちらのリニューアルが役立ちます。

まぁ普通に使ってる分にはそんなに故障させてしまうことは無いと思いますが、一応頭に入れておきましょう。

その他、お預かり修理のお得な点は3年保証サービスが受けられるところにあります。交換電話機お届けサービスと違ってお預かり修理では保証対象内の故障が3年間、無償になるんです。

なので自然故障や軽微な故障の場合にはこちらのお預かり修理を利用すると良いでしょう。

故障紛失サポート(交換電話機お届けサービス)の利用の際の注意点

交換電話機お届けサービスはこちらの『交換機お届けサービス』にアクセスして電話かWEBで申し込みます。

もちろん上記で説明したようにWEBで申し込んだ方が1000円割引になってお得です。がここで落とし穴が…。

WEBで申し込めないケースが2つある

その1「紛失、または盗難が原因による利用で公的機関への届け出が行われていない場合、または届け出が受理されなかった場合」

WEBで手続きを進めていくと『紛失、盗難』のページに公的機関への届け出情報を入力するところがあります。届け出をしていない場合は届け出をしてから手続きしましょう。また受理されなかった場合は電話での確認が必要になるためWEBでの手続きはできません。こちらは電話での手続きになります。

その2「盗難や紛失、水濡れ、部分的な破損、全損以外が原因の場合」

私はこのケースに該当しました。どこも破損していないのに動かなくなってしまったのです(落としたことが原因なので自然故障ではありません)

WEBでの手続きでは『その他』のページに振り分けられます。この『その他』では電話以外の手続きはできないようになっています。

その他が原因で電話した場合、様々な確認作業がある

といっても本当に故障しているかどうかの簡単な確認です。電話オペレーターがいろいろ聞いてくるので事前に終わらせてスムーズに手続きを済ませましょう。

オペレーターが聞いてくること

1 電源の入り切りはしたか?

2 30分以上充電しても電源はつかないか?(動かないか?)

3 電池パックを脱着しても症状は改善しないか?

4 ICカードを脱着しても症状は改善しないか?

私の場合はこの4点でした。

まとめ 日々のバックアップは怠らないようにしよう

いつ、スマホやタブレットが使えなくなるか分かりません。

交換電話機お届けサービスで新品を手に入れてもデータは戻ってこないし、お預かり修理に出してもデータが無事かはわからないのです。

不測の事態に備えて日々バックアップはとっておくようにしましょう。でないと私みたいにかなり前のバックアップデータで苦労することになります。

一応auにはスマートパスプレミアム加入者限定でデータ復旧サポートというサービスがあるみたいです。

データ復旧サポート

水濡れや破損などで動かなくなってしまったスマホから画像、動画、電話帳のデータを取り出してくれる。

加入から30日経過しないと利用することが出来ないため、破損した後で加入しても意味がない。

詳細はこちらで確認してください。

定期的にバックアップをとるのが面倒な方や心配症の方は加入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

1 個のコメント

  • 返却しなかったら40000円罰金です。
    取り消し不可、相談付可、分割支払い不可
    支払うまで利用停止です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です