本気で脚やせしたいならヨガとマッサージの組み合わせが最強!自然な美脚を手に入れよう!

美脚の女性

脚やせしたいけど何をやっても細くならない…筋トレすると脚に筋肉がついて太くなるのが怖い…そんな悩みをよく聞きます。

脚やせってちょっと特殊なんですよね。ダイエットして体重が落ちても脚はそう簡単に細くならないし、家でストレッチや運動をやってみても効果がないっていう人もたくさんいます。

でも最初に断言すると脚やせにはホットヨガとマッサージ!これが本当に効くんです。

今回はそんな脚やせのゴールデンコンビを紹介します。後半にはおすすめのマッサージとアイテムも特集してるので最後まで見て下さいね!あなたもスラッとした美脚が手に入りますよ!

ホットヨガってなに?

ヨガってそんな効果ある?

ヨガはポーズ、呼吸、瞑想で構成されています。そしてヨガのもつポーズ、呼吸法は体のスタイルを美しく保つのにすごく効果的なんです。
(ホットヨガスタジオではエクササイズ要素の強いプログラムの場合、瞑想をあまり重要視していない構成になっているので「瞑想には興味ない…」という人でも大丈夫)

ヨガは筋肉がついてしまうようなトレーニングではなく、体の内側から引き締めるものなので自然で無駄のないスタイルをつくりあげる事が出来るんですね。

ヨガでおこる筋肉痛について

ヨガをはじめると筋肉痛になるケースがあります。
よく「筋肉がついてしまうんじゃないか…」と心配される方がいらっしゃいますが安心して下さい。
普段使っていない深層筋(インナーマッスル)がヨガで刺激されたことでおこる筋肉痛なので、たくましい筋肉がつくことはありません。

ヨガとホットヨガの違いって?

ホットヨガは、『ヨガの発祥である高温多湿のインドに合わせた環境でやろう』というコンセプトで生まれました。
ヨガは常温、ホットヨガは温度と湿度を調整されたスタジオで行います。

通常のヨガよりも特にデトックス効果に優れており、ダイエットや美容、健康などいろんな目的で取り組まれています。

ホットヨガの室温、湿度は?

スタジオによって違いますが大体35~40℃、湿度50~60%で設定されています。
温度が高いほうが効果が高いということはありません。

ホットヨガで脚やせしよう

太い足

脚が太くなる原因について

脚が太くなる原因は大きく分けて3つ

脂肪
脚に多くの脂肪がついてしまっているケース。脚の筋肉はただでさえ大きいのでそこに脂肪が乗っかるとさらに太く見えてしまいます。
このケースは脚やせケアと並行してダイエットにも取り組まなければいけません。

筋肉
運動をやっているorやっていた方に多いケース。現在運動をしているか過去にしていたかで脚が太く見える原因は違います。
運動をやっている方は単純に筋肉がついている状態。過去に運動をしていた人は、その時についていた筋肉が落ちて硬い脂肪に変わってしまっている状態です。

むくみ
体は普通なのに脚だけが太い人に多く見られるケース。むくみは脚の筋肉量の低下や自律神経の乱れなどが原因で起きます。
脚の筋肉はポンプとしての役割をもつのですが、その筋肉量が少なすぎるとポンプ作用がうまく働かず老廃物やリンパ液などが溜まってしまうのです。
また自律神経の乱れも血行不良を起こします。結果、血液や水分がうまく循環できずにむくんでしまうというわけですね。

脚やせで大事なポイント!

いかに『むくませないか』は特に重要です。むくみを放置すると最終的には脂肪と老廃物が結びついてさらに脚が太く見えてしまう場合があります。
どのケースにおいてもむくみ対策は必須といってもいいでしょう。

ホットヨガの脚やせ効果

ヨガの立位のポーズ

脂肪燃焼

脂肪燃焼に効果的な運動は有酸素運動なのですが実はヨガも水泳やランニングなどと同じ有酸素運動。深い呼吸で体に酸素を取り込みポーズしていくことで脂肪の燃焼を促進していきます。
運動不足の方や運動が苦手な方でも出来るのがヨガのいいところ。もちろん強度(運動量)も選べるのでよりアクティブに脂肪を燃焼させていくこともできます。
脚だけでなく体全体もシェイプアップされてスタイルも良くなりますね。

ストレッチとインナーマッスル

ヨガではストレッチ要素のあるポーズを多くとります。ストレッチは硬くなった脂肪や筋肉をほぐし、血行不良の改善や脂肪燃焼の手助けをしてくれるんです。
さらにインナーマッスルを鍛えていくことで体を内側から引き締め、適度な筋肉をもたらします。この”適度な筋肉”は美脚には不可欠!
(むくみは筋肉量の低下によっても起きやすくなるので、ある程度の筋肉は絶対に必要です。)
また基礎代謝が上がることで太りにくい体にもなるのです。スタイルを美しく保ち、美脚になるためにヨガで効果的にインナーマッスルを鍛えていきましょう。

デトックス

ホットヨガといえばデトックス。たくさん汗をかくことで体に溜まった老廃物などの毒素を外に流しだす事ができます。
しかしただ汗をかけばいいという訳ではありません。アポクリン線という汗腺から汗をかくことが大事!
アポクリン線から出る汗はデトックス汗とも呼ばれすごくドロドロ、ベタベタしており、たくさんの老廃物や毒素が詰まっています。
しかもこの汗はじっ~くり体を温めた時にしか出ないんですね。つまりホットヨガはデトックスするうえで最高の環境なんです。
定期的にデトックスすることで下半身のむくみもとれ美肌効果もあります。

ホットヨガはLAVAとカルドがおすすめ

ホットヨガスタジオのLAVAとカルドには『美脚ヨガ』というプログラムがあります。
美脚ヨガは冷えやむくみを解消し正しい筋肉をつけることで引き締まった美しいレッグラインを目指すヨガです。

注意してほしいのが店舗によって実施されるプログラムが違うため行きたい店舗に『美脚ヨガ』がない場合があります。

その場合LAVAなら『リンパヨガ』『パワーヨガ』『ヨガフローベーシック』などがおすすめ。
カルドなら『デトックスヨガ』『脂肪燃焼ヨガ』『ヴィンヤサヨガ』などがおすすめです。

体験レッスンは1000円以内で出来る店舗がほとんどなので興味があればぜひ体験してみましょう。
店舗数は圧倒的にLAVAが多いのでLAVAの方が通いやすいスタジオを見つけやすいかもしれませんね。
店舗はこちらで探せます。
LAVA
カルド

おすすめ脚やせマッサージ

脚をむくませないためにマッサージは必須!これを続けるか続けないかで脚の太さは全然違います。
どれも簡単に出来てすごく効果的なのでぜひ参考にしてみて下さい。

ぺこ

脚やせで話題となったぺこちゃん。
ぺこちゃんの場合は8キロのダイエットとマッサージで美脚を手に入れました。

こちらがマッサージの動画。

 

動画内で使っていた道具はこちらです。(レッグコンディショナーはリニューアルしています)

岩本紗也加(うさたにパイセン)

小悪魔ageha専属モデル。この方もなかなかの美脚の持ち主。
動画もスピーディーにまとめられており、ざっくり見たい方におすすめ。
ぺこちゃんと同じ燃焼系の熱くなるクリームを使っています。バンビミルクはアドールよりお安めなので燃焼系を使いたい方にはいいですね。

動画内で使っていたバンビミルクはこちら。(パッケージはリニューアルされて変わっています)

石井亜美

Natu-mo所属のモデルさん。
この方のマッサージは細かい部分を大事にしてるので足裏から太ももにかけて丁寧にマッサージしていきたい!という人におすすめです。
動画で使っているオイルはWELEDAホワイトバーチボディオイル。このオイルは燃焼系以外を使いたい方には一番おすすめ出来るオイルです。
オーガニックでありながらセルライト、むくみに効果的で藤原紀香さん、ローラさん、道端ジェシカさんなどいろんな女優さんモデルさんに愛用されています。

動画内で使っていたホワイトバーチボディオイルはこちら

ホワイトバーチオイルのパッケージについて

 

ホワイトバーチセルライトオイル海外製品
セルライトオイル
(動画内ではこのパッケージを使用)

ホワイトバーチボディシェイプ名称変更前
ホワイトバーチボディシェイプオイル

ホワイトバーチオイル現在の名称
ホワイトバーチボディオイル

ホワイトバーチオイルは様々なパッケージが混在して売られていますがどれも同じ成分です。
2012年の名称変更後は『ホワイトバーチボディオイル』というシンプルなパッケージで売られています。

マッサージ後のケア

マッサージの動画を3本紹介しましたが共通してやって欲しいマッサージ後のケアがあります。
それはメディキュットを履くこと!

ぺこちゃんも動画で言っていましたね。これはどれを参考するにしても脚やせしたいなら必ず寝る前に履きましょう。
翌朝のむくみが段違いにとれます。おすすめは太ももの付け根まで全体をケアするフルレッグタイプです。

夏場はこのクールタイプが気持ちいいです

まとめ

ホットヨガとマッサージ、この2つを続けていけば絶対に脚やせ出来ます!
ただひとつ大事なことは継続すること。
すぐにやめてしまってはなんの意味もありません。マイペースで構わないので気負いすぎずに続けていくことを意識しましょう。

マッサージは出来れば毎日やってください。
常に一生懸命、長い時間をかけてやらなくても大丈夫なので脚の様子をみて(脚が疲れていたら念入りにやったり、そんなにむくんでいなかったら軽めに済ませたり)寝る前の習慣になるようにして下さいね。
特にホットヨガをやった日は脚を労うようにマッサージするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です