ヨガ初心者必見!ヨガに対するいろんな疑問を解決します!

ヨガをやっている複数の女性

これからヨガを始めようと思っている方、または始めて間もない方はヨガに対する疑問や悩みも多いはず。

そんな方に向けて安心してヨガを取り組んでもらうために抱えやすい問題をまとめてみました。この記事を読んであなたも素晴らしいヨガライフを送りましょう!

ヨガをはじめる人の疑問

ヨガのポーズをする女性

こんな自分でもヨガって出来る?

そもそもヨガがどういうものなのか分かりません

ヨガはポーズ、呼吸、瞑想の三点からなる心と体を整える健康法。
深い呼吸でポーズをとり、瞑想によって心を掃除していきます。
といっても難しく考えることはなくエクササイズ、美容、健康いろんな目的で取り組まれています。

まったくの初心者なんですけど…

全然問題ありません!ヨガは老若男女、幅広く取り組めるものです。
まずは気軽に始めてみましょう。何事も体験してみなければどんなものか分かりませんよ。

体が硬くても出来ますか?

体を伸ばすのって気持ちいいですよね?最初はその心地よさを感じて下さい。
ヨガには簡単なポーズもたくさんありますし、自分の出来る範囲でやれればOKです。
続けていく内に柔軟性も増しヨガがどんどん楽しくなると思います。

太っていても出来ますか?

体重の重さもヨガには関係ありません。太っていてもヨガをしている人はたくさんいます。
確かにポーズは少しとりずらいかもしれません。でもヨガで大切なことは自分と向き合うこと。その上で自身の体の使い方を学んでいったらいいのです。

運動が苦手なんですけど…

運動不足でも運動が苦手でも体力に自信がなくても大丈夫。ヨガはスポーツではありませんからね。
ヨガスタジオには運動量が緩い初心者向けのプログラムが数多くあります。マイペースで取り組めるのがヨガのいいところです。

歳をとっていても出来ますか?

ヨガには運動量が多いものもあれば非常に緩やかなものもあります。
初心者向けのプログラムでは運動量も緩く、幅広い年齢層の方に対応しています。
また70代80代向けのシニアヨガなどもありますので何歳から始めても遅いなんてことはありませんよ。

スピリチュアルや瞑想には全く興味ないんですけど…

ヨガでは瞑想がとても重要な要素です。そもそもヨガのポーズは瞑想をやるために行うもの。
ですがヨガをエクササイズのみを目的としてやっても全然問題ありません。
ヨガスタジオではダイエット、美容、骨格矯正などを主としたプログラムの場合、瞑想をあまり重要視していないものも多くあります。
ヨガにはその人に合ったヨガがあるんです。どんなヨガをやっても良い、悪いはありません。

男でもヨガスタジオに通えますか?

女性限定の店舗もありますが、男性でも通えるスタジオは多くあります。
ヨガは女性だけのものではありません。気兼ねなくスタジオに通いましょう。

ヨガの効果って本当なの?

スリムなお腹

ヨガは痩せられるの?

ヨガは有酸素運動なので脂肪燃焼、またデトックス(解毒)効果があります。
インナーマッスルを鍛え代謝を上げる事により体も引き締まり太りにくい体になります。
特にダイエット目的の方は慣れてきたらエクササイズ要素の強いヨガ(パワーヨガ、ヴィンヤサヨガ、ハタフローなど)に挑戦してみましょう。

体の歪みが治るって本当?

ポーズを正しい姿勢でとることで背骨や骨盤を本来の位置に戻してくれる効果があります。ヨガを始めると普段から”姿勢”が気になるはず。
猫背の方は特に意識しましょう。またヨガスタジオには歪み矯正に特化したプログラムやアイアンガーヨガなどの姿勢や歪みを整えるヨガもあります。

ヨガをやっていれば病気も治る?

ヨガは素晴らしい健康法ですが治療法ではありません。
がん患者などの代替医療として注目されていますが病気を治したり、完治させたりするようなものではないです。

ヨガで体の不調を治せる?

冷え性、便秘、倦怠感などの自律神経の乱れからくる不調、うつ病などの精神疾患はヨガで改善が見込めます。
瞑想によるリラックス効果、腹式呼吸による副交感神経の高まりがこれらの不調には効果的なのです。

瞑想って何がいいの?

瞑想は心と頭を掃除する精神的なデトックスです。
ストレスや脳の疲労を解消し自分と向き合うことでよりよい方向へ導きます。
瞑想の効能は科学的にも認められており、グーグル、ゴールドマン・サックスなど様々な一流企業の研修プログラムにも導入されています。

ヨガの取り組み方についての疑問

ヨガを教える講師と生徒

ヨガはどういうふうにやっていけばいい?

ヨガは独学でも出来る?

自宅で学ぶための教材は多くあります。が、できればヨガスタジオ(教室)に通うことをおすすめします。
というのも独学の場合だと無理して体を痛めてしまったり、ちゃんとしたポーズや呼吸法が出来ておらず効果的にやれていないことが多いからです。
ヨガには集中できる環境、直接指導してくれる先生の存在がとても重要でそれが初心者ならなおそらのこと。
でもどうしても自宅でないとヨガを学べないという人もいるはず。
その場合はまず集中できる環境を整えましょう。そして無理だけは絶対しないようにして下さいね。

ヨガをやる頻度は?

ヨガスタジオに通うなら週1~3回を目安にしてみましょう。
もちろん毎日やっても構わないのですが何よりもまず継続が大事。
張り切り過ぎないことがコツです。

ヨガを始めてどのくらいで効果が出てくる?

やっている頻度によって違いますが2~3ヶ月で効果を実感できるでしょう。
しかしこれは個人差やそれぞれの目標、目的で変わるため一概には言えません。
ヨガに慣れ始めると心と体の変化に気づく人が多くなるみたいですね。

お腹いっぱいでもヨガはやっていいの?

満腹のときにヨガをやるのはいけません。
ヨガをやる2~3時間前には食事を済ませるようにしましょう。

生理中でもヨガはやっていいの?

リラックスしたヨガであれば大丈夫ですが動きの多いヨガや激しいポーズをするヨガは避けましょう。
また生理中は貧血も起こしやすくなるので注意が必要です。

瞑想がよく分からないんですけど…

初めからうまくいく人はいません。浮かんでくる雑念を追い出そうとするのではなく傍観してみて下さい。
なんとなくリラックスした状態になれればまずはOKです。

ヨガスタジオに行く際の疑問

ヨガマットを抱えている女性

スタジオに行く前にいろいろ知っておきたい!

どんな格好でやればいいの?

タイトなヨガウェアを着なければいけないと勘違いしている人も多いのですが、そんな事はありません。
例えばTシャツに膝丈のジャージなど動きやすい格好であれば大丈夫。皆さん格好はバラバラです。
ただホットヨガの場合は汗を大量にかくので大きいサイズのシャツだと重くなって大変。速乾吸湿素材のジャスト~タイトめがおすすめです。
また下着はスポーツブラがいいと思います。普段つけているものだと動きづらさを感じたり、ホックが外れてしまう事もあるので。
今だとブラトップが一番楽かもしれませんね。

何を持っていけばいいの?

  1. お水(1~2リットル)
  2. フェイスタオル
  3. バスタオル
  4. 替えの下着
  5. 運動しやすい服

スタジオにもよりますが基本的には上の5点を持っていけば大丈夫です。
ウェアやタオルを有料で貸し出している所も多いので荷物が気になる方は利用してもいいでしょう。

ホットヨガの室温、湿度は?

スタジオによって違いますが大体35~40℃、湿度50~60%で設定されています。
温度が高いほうが効果が高いということはありません。

ヨガマットは必要?

ヨガをするうえであったほうがいい物ですがいきなり買うことはありません。
スタジオの多くはヨガマットを無料、または有料(200円~300円程度)で貸し出しているのでそちらを利用しましょう。
マイマットを持つのはヨガマットにもこだわりたいという気持ちが出てきたら…という感じですね。

ヨガマットとは
ヨガマット
ポーズをとっている時に体を安定させたり手を滑らせないように敷くマットのこと。
床に膝や坐骨が当たることも多いため緩衝材としての役割ももつ。

出来ないポーズがあったら?

出来ないからといって周りと比較して焦ったり無理をしてはいけません。
ヨガに集中して痛みがでないところまでやって下さい。
あくまでマイペースに、他人を気にしないことが大事です。

ヨガスタジオってどれも同じなの? 

ヨガにはいろんな種類がありスタジオによって雰囲気やプログラム(レッスン内容)が違います。
自分に合ったスタジオを見つけるために複数のスタジオの体験レッスンを受けてみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です