ヨガの瞑想ってなに?効果はあるの?ヨガの瞑想のいろんな疑問を解決!

瞑想する女子

ヨガは呼吸、ポーズ、瞑想の3つの要素から成り立っています。

ヨガを始めたばかりの人は、呼吸とポーズはなんとなく理解できても『瞑想』はちょっと掴みづらい部分ではありますよね。
そこで今回はヨガの瞑想の目的や精神面の効果、コツなどを簡単に分かりやすく書いていきたいと思います。

堅苦しく考えずにリラックスしながら読んで下さいね!

ヨガの瞑想ってなに?

ヨガの瞑想

ヨガの瞑想は何のためにやるの?

ヨガは現代流行しているエクササイズ的なものではなく、本来は瞑想することを指します。
実はヨガのポーズも健康や美容のためではなく、瞑想を深めるために生まれたものなのです。

『ヨーガ』という言葉には”つなぐ”という意味があり、ヨガの瞑想の目的は自分を見つめ直し本来の自分とつながる、そしてより良い人生を歩むために行われます。

こう書くと「なんだか抽象的だなぁ」と思われるかもしれませんね。
要は心をシンプルな状態に保ち、あるがままの状態に満足する、ということが大事なんです。

人間は欲望、嫉妬、怒りなど様々な感情に支配されて生きています。
悩みや葛藤を抱えている人もいるでしょう。

しかしその状態だと”本来の自分”は埋もれてどんどん見えなくなってしまうんですね。

心をシンプルな状態に保つとは、本来の自分を知り、自分らしく気持ちよく生きるために心を掃除していくこと。
そしてあるがままの状態に満足することで、なんでも受け入れられる心の強さを養うことです。

もちろん、その心境に至るのは簡単なことではありません。
それに瞑想を始めたての時は『本来の自分』といわれても何がなんだか分からないと思います。

まずはリラックスすることが大事。
「瞑想ってなんだか気持ちいいな」とか「瞑想するとスッキリする」という感覚がでてきたら大きな前進です。
始めからカンペキに出来る人は誰もいません。
徐々に瞑想に慣れていきましょう。

瞑想の効果

脳科学的にも実証されている瞑想

瞑想がよく分からない人からすれば、その効果を懐疑的にみる人もいるでしょう。

しかし実際にグーグル、アップルといった世界的な企業が瞑想を研修プログラムとして取り入れていたり、政治家、経営者、アスリートまで日常的に瞑想を行っている成功者が多いのは事実です。

最近だと『マインドフルネス瞑想』が注目を集め、様々なメディアで紹介されていますね。

 

瞑想の主な効果としては

  • ストレス軽減
  • 集中力の向上(脳疲労の解消)
  • 生産性の向上(脳疲労の解消)
  • リラックス効果(鎮静作用)
  • 睡眠の質を上げる

などがあげられます。

ストレスケアと脳疲労の解消は現代に生きる私たちにとってとても重要なもの。
特にそのことを理解している世界の成功者達が多く取り組んでいるのも納得できますね。

瞑想に関してのQ&A

 瞑想の疑問

 瞑想ってどのくらいの時間やるの?

特に決まりはありません。
ヨガスタジオの場合は瞑想を短くすませるプログラムもあれば、じっくり時間をとるプログラムもあります。

自分で挑戦するならまず3~5分くらいから始めてみてはいかがでしょう。

どのくらいの頻度でやるの?

基本的には毎日、時間を合わせてやった方が効果的です。

早く瞑想に慣れたいのであれば、ゆっくり落ち着ける場所をつくり少しの時間でもいいので毎日取り組むようにしましょう。

瞑想するときの姿勢は?

瞑想するときは姿勢がとても大事です。

背筋を伸ばして無理のない範囲で足を組みましょう。
手は膝の上に置いてもいいですし、合掌をした状態でもかまいません。

瞑想をするとどうしても眠くなるんですが…

瞑想の印

例えば体が疲れていて眠くてどうしようもない、なんて日は瞑想をやめて寝てしまうのもアリです。

ですが毎回眠くなってしまう人は親指と人差指で輪っかをつくり、指先が離れないように集中してみて下さい。
この瞑想の手の形は様々な種類があり『印』とよびます。

頭のなかに色んな雑念が浮かんできて瞑想に集中できません

それは瞑想を取り組んでいる皆さん誰もが経験することです。

瞑想に集中しようとすればするほど余計なことが頭の中を駆け巡りますよね。
でもそういった雑念を慌てて打ち消して無心になろうとするのではなく、客観的にみて傍観することが大事。

そしてどんどん受け流していくと瞑想に集中しやすくなります。

瞑想には興味ないけどやらなきゃいけないものなの?

瞑想とヨガは切っても切り離せない関係にあります。
ですがヨガの取り組み方は人それぞれであり、『こうしなければいけない』という決まりもありません。

ですからヨガをエクササイズとして運動だけを目的に始めても全然問題ないし、瞑想に興味がなかったら無理してやらなくても大丈夫。

もし瞑想の時間がヒマだなぁと感じたら、単純にクールダウンの時間だと思ってリラックスして下さい。

瞑想にコツってあるの?

まず、瞑想を難しく考えないことです。
ゆっくり落ち着けて心がホッとする。そんな風に思えればそれはもう立派な瞑想です。

瞑想に入るときには呼吸を整え、吸う息、吐く息に意識をもっていきましょう。
そして周りへの意識を徐々に切り離し、雑念を受け流していく。

この一連の過程を続けていく内に自分の内側に集中できてくると思います。
最初はうまく出来なくて当たり前。
ですがやはり”継続”していくことが大事であり一番のコツといえるでしょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

瞑想は何をしているのかが分かりにくいため効果を疑ったり、あやしいイメージを抱いて嫌う人もいます。
ですが瞑想は科学的にも認められている『脳の休息法』であり『心のデトックス』なのです。

うまく出来ない人も焦る必要はありませんよ。
じっくり自分に向き合う時間をとるだけでも価値のあることなので、まずは続けていくことを目標にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です