ヨガとピラティスの違いとは?どっちが効果あるの?

ヨガとピラティス

ヨガとピラティスの違いってなんでしょう。運動の激しさ?エクササイズのやり方?

いえいえ実はヨガとピラティスには本質的な違いがあるんです。ではどちらがより効果的なのか、どちらをやるべきなのか?気になるところでしょう。

今回はそんな疑問を分かりやすく解説していきたいと思います。

ヨガとピラティスの違い

ヨガの場合

ヨガは瞑想、呼吸、ポーズの三点から成り立っています。自分自身をコントロールする術を知り、瞑想によってマインドをシンプルな状態に保つ。より精神面への影響が強いのがヨガの特徴と言えるでしょう。

ポーズをとって静止し、腹式呼吸で副交感神経を高めリラックスした状態でやります。

さらにその歴史の古さゆえヨガには様々な種類があります。リラクゼーションに特化したリストラティブヨガ、エクササイズ要素の強いパワーヨガ、妊婦のためのマタニティヨガなど、年齢や性別関わらずいろんな需要に答えられる幅の広さもヨガの良いところですね。

ピラティスの場合

もともと戦争で負傷した兵士のリハビリメニューとして生まれた為、ヨガより運動的なのがピラティスです。

基本的には肉体の鍛錬を重視しておりマットを使用したマットピラティスとマシンを使用するマシンピラティスがあります。

ポーズに動きを加えたものが多く、胸式呼吸で交感神経を高めることによって爽快な気分になります。

体への効果

どちらがより効果的かというのは難しいところではあります。というのもピラティスはヨガを参考にして開発されたもので共通点も多いんですね。

2つとも深層筋(インナーマッスル)や体幹も鍛えられますし柔軟にもなります。ですがより鍛錬を重視しているという点でピラティスの方が体への効果は大きいでしょう。

心への効果

ピラティスは精神面へのアプローチもありますがやはりエクササイズとして開発されたので、より瞑想を重視しているヨガの方が心への影響は大きいです。

肉体と精神のコンディションを整えていくのがヨガでありメンタルケアの側面もありますね。

どっちをやるべき?

ヨガとピラティスの選び方

迷っている女性

運動不足な人は?

普段あまり動いてない人や運動にあまり自信がない方はヨガから始める事をおすすめします。もちろんピラティスも初心者や体の状況に応じて難易度は選べるのですが、ヨガではリラックスした中で体を伸ばしたり自身の体の使い方を学べるので無理なくトライすることが出来ますね。

すぐにダイエットしたい人は?

どちらもダイエットに効果的なのですが、やはりピラティスの方が結果がでるのが早いと思います。筋肉を鍛えることを重視している分、ヨガよりトレーニング要素が強くシェイプアップしやすいです。

骨格を矯正したい人は?

ピラティスは骨盤、背骨の動きに焦点が当てられ本来の位置に戻す効果があります。姿勢を良くしたり腰痛の防止などにもなりますね。対してヨガは体全体の歪みを矯正します。歪みからくる肩こり、頭痛、腰痛にも効果があり一概にどちらがいいとは言えません。

体調を改善したい人は?

冷え症や倦怠感、頭痛、肩こりなど血流が悪かったり自律神経のバランスが崩れている事による体調不良の場合はヨガがいいでしょう。ヨガは血行を良くし、副交感神経を高め自律神経のバランスを整えます。(もちろんヨガだけやればいいという訳ではなく生活習慣の見直しも必要ですけどね)

まとめ

簡単に言ってしまえばピラティスとヨガの違いとは精神面の部分があるかないか、ということですね。

ピラティスは肉体の鍛錬、ヨガは肉体と精神のコンディション調整と考えていただければいいと思います。

また、どちらをやるべきかはご自身の目的や抱える問題によって変わります。どうしても決まらない場合は『どちらが続きそうか』で選んでみて下さい。継続は何よりも大事。すぐにやめてしまっては効果は一時的なものになってしまいますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です