ヨガマットの選び方とおすすめ商品を徹底検証!これを買っておけば間違い無し!

ヨガをするうえでもっとも大事なアイテムであるヨガマット。
しかしヨガマットには様々な厚さ、素材があり取り組むヨガのタイプによって最適なマットも変わります。
今回は特に初心者の方の最適な『最初の一枚』を軸に記事を書きました。
価格もピンキリなので、『ヨガに対する”本気度”』なんかも考えながら自分にぴったり合ったヨガマットを見つけましょう!

ヨガマットの選び方

5つの要素

  1. 厚さ
  2. 素材
  3. サイズ
  4. グリップ力
  5. クッション性

ヨガマットは、この5つの要素で選んでいきます。
それぞれ厚さ、素材はグリップ力、クッション性とも関わってくるのですが、やはりブランドや物によっても違うのでしっかり見極めて購入する必要があります。
サイズに関しては特に大柄の男性は主流のサイズでは小さい場合があるので注意して下さいね。

厚さ

1~2ミリ(薄め)

薄いマットは持ち運びに便利です。例えば旅行先や野外でのヨガを楽しむ際、収納面を考えれば薄いマットはおすすめです。
デメリットとしては、やはり薄いためクッション性が乏しく体を痛めやすいこと。
初心者の最初の一枚にはあまり向きません。

3~4ミリ(標準)

ヨガスタジオにも多く置いてあるポピュラーな厚さであり初心者にもおすすめ。
動きの多いヨガに最適ですが、スリムな方は多少床からの痛みを感じてしまうかもしれません。

動きの多いヨガ

ハタフロー、アシュタンガ、パワーヨガなど…

5~6ミリ(やや厚め)

こちらも初心者の方におすすめで、最初の一枚として購入される方も多いです。
動きの多いヨガ、少ないヨガ、様々なタイプのヨガに対応しており使い勝手のいい厚さです。

7~9ミリ(厚め)

動きの少ないヨガに最適で、坐骨や膝などの負担を和らげてくれます。
厚みがあるため重く、持ち運びは不便になります。

動きの少ないヨガ

陰ヨガ、リストラティブ、アイアンガーなど…

まとめ

初心者には3~6ミリがおすすめです。なかでも色んなヨガに対応した5~6ミリは程よい厚さといえるでしょう。
動きの多いヨガしかやらないという方は3~4ミリを検討してもいいと思います!

素材

PVC(ポリ塩化ビニル)

最も安価でヨガマットの素材として広く普及しています。
耐久性や軽さなど及第点は超えており基本的にグリップ性能も高いのですが、汗をかくと多少滑りやすくなってしまう点と、エコロジーでは無いため環境志向の強い人にはおすすめできません。
しかし安い商品が多いため『長くヨガを続けるか分からない』といった方には一番適しているでしょう。

TPE(熱可塑性エラストマー)

プラスチックと天然ゴムのいいとこどりをしたのがTPEです。
エコロジーであり軽さ、グリップ性、クッション性が高く初~上級者まで幅広く人気の高い素材です。
水洗いも出来て衛生的ですしゴムアレルギーの方でも安心して使うことができます。
熱にはあまり強くないため過度な高温環境には注意が必要です。

EVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー)

軽さとクッション性を重視して買うならばEVAが一番オススメです。
グリップ性も悪くありませんし、水洗いもできエコ素材でもあります。
ただデメリットとしては耐久面があまり高くない点があげられます。

天然ゴム

ヨガマットの中で一番優れている素材が天然ゴムです。
グリップ性、クッション性、耐久面など総合的なバランスにおいてはベストであり、ポーズをとった時の安定感も抜群です。
しかしゴムアレルギーの方はもとより、ゴムの匂いが苦手な方は使用が厳しいかもしれません。ただ最近はラテックスの排除や、ゴム臭の極力カットなど、その弱点を克服した商品も発売されており使える物が増えてきています。
重量の重さもネックになるところですが商品によっては持ち運びが苦にならないものもあります。

まとめ

ヨガスタジオに通い始めの方はスタジオ内で貸し出されるヨガマットで十分だと思います。
マイマットが欲しくなってきたら長く快適に使うためにも妥協せずに良い物を購入した方が、後々のコストパフォーマンスを考えてもお得です。
おすすめはやはりTPE、天然ゴムですね。
また、自宅から始めようと思っている方は「とりあえず…」という感覚で安価な物から選ぶのも手です。
その場合、PVCの商品も選択肢に入れておきましょう。

サイズ

サイズ選びの基本

現在、主流のヨガマットのサイズは長さ180cm × 60cmです。
ちょっと大きいかな?と思われるかもしれませんが基本的にヨガマットは大きければ大きいほど快適にヨガが行なえます。
なので違うサイズを選ぶにしても少なくとも自分の身長よりは大きい物を選ぶのがセオリーです。
ただ持ち運びを考えてあえて身長よりも小さいサイズを選ぶ人もいるので、そこら辺はバランスが大事。
完全に自宅用だったらどんなに大きいものでも問題ないのですが、携帯性をより重視するなら特に重さはよく考えて選びましょう。
マットの幅は長さに付随するものなので使い心地にはあまり影響はありません。

ヨガマットのケース

持ち運びにヨガマットケースやバッグを使う方はマットの幅に注意が必要です。
ケースの長さとマットの幅を比べてすっぽり入りものを選びましょう。
またマットの厚さによって丸めた時の直径が違うのでケースのサイズ表記をよく読んで購入して下さいね。
他にはヨガマットストラップで束ねたまま持ち運ぶ方法もあります。
こちらはどんなサイズにも対応しているのでシンプルに持ち運びたい人にはおすすめです。

おすすめヨガマット

ACTIVE WINNER 6mm (ストラップ付き)

価格 2490円 素材 PVC 重さ 1.6kg
サイズは長さ183cm x 幅61cm。カラーは全5色。

アマゾンの中でも人気商品でレビューの件数も多く評判も凄くいい商品です。
ストラップも付いてるし、この商品の性能を考えれば素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。
素材はPVCですが有害物質を除去し、匂いもほぼありません。また、裏面にもしっかり滑り止め加工がされていてグリップ力も高くなっています。
メーカー保証が1年間あり品質の良さに自信を感じますね。自宅用にも最適です!
デメリットは1.6kgと少し重いことでしょうか。
※ホットスタジオ環境でも使用可能。ただしその環境下での放置保管は避けて下さい

 

suria HDエコマットプラス 6mm

価格 6264円 素材 TPE 重さ 900g
サイズは長さ183cm x 幅61cm。カラーは全3色。

suriaはヨガウェア、ヨガグッズの人気ブランド。数々のヨガ雑誌や女性誌にも紹介されています。
製品の質も良く、この商品も初~中級者まで人気があります。
素材はエコロジーなTPE。接着剤ゼロで匂いも少なく、高密度発泡のクッション性が特徴です。
ポーズをとる際に肘や膝をついて痛みを感じる方は弾力性のあるこのマットは特におすすめ。
そして何といっても900gという軽さは持ち運ぶ際の大きな魅力ですね。
エコマットプラスは他に4mmもありますのでぜひ検討してみて下さい!
※ホットスタジオ環境でも使用可能。ただしその環境下での放置保管は避けて下さい

 

suria ナチュラルラバーヨガマット 4mm

価格 8964円 素材 天然ゴム 重さ 1.6kg
サイズは長さ180cm x 60cm。カラーは全2色。

こちらもsuriaの商品。天然ゴムを使ったラバーマットです。
化学物質やアレルギー物質を取り除いた素材を使っており、天然ゴム特有の匂いも大幅カットされています。
ただゴムアレルギーの人に関しては使える人も多くいる一方、全ての人にアレルギーが起きない訳ではないので実際に手にとって確認してみるのが一番かもしれません。
やはり天然ゴムだけあってグリップ力とマットの安定感は抜群。汗をかいても滑りにくさは継続します。
天然ゴムにしてはこの商品は価格も抑えめで、4mmでありながら重さも1.6kgと持ち運びにも許容できる作りになっています。
質、価格、軽さのバランスが素晴らしい商品です。
※ホットスタジオ環境でも使用可能。ただしその環境下での放置保管は避けて下さい

 

Manduka ヨガマットPROライト 5mm

価格 15120円(並行輸入品の場合はもっと安いです)
素材 PVC 重さ 1.8kg
サイズ 長さ180cm x 60cm。カラーは10色以上。

ヨガマットといえば外せないのがMandukaです。
世界中のヨガインストラクターやヨガ愛好家から支持され、Mandukaの最上位ラインであるブラックマットはレディ・ガガはじめ多くのハリウッドスターにも愛用されています。
このPROライトはブラックマットの軽量版。性能はそのままに持ち運べる重さに改良されました。
グリップ力、クッション性、耐久性が大変優れていて、なかなかヘタらない事でも有名です。価格はとても高いのですが長く使えることを考えればコスパは抜群。
『一生もののヨガマット』とよく言われていますね。
素材はPVCを使っているのですがマンドゥカのPVCは他のものとは全然違います。
超高密度に仕上げることでマットを押しても潰れにくいクッション性を実現。体をしっかり支えてくれて肘や膝をついても床の痛みを感じません。
さらに表面はテキスタイル加工、裏面はオリジナルのドット加工で裏表の強いグリップ力を体感できます。
確かにエコロジーではありませんが多くの方に満足していただけるヨガマットです。
※ホットスタジオ環境でも使用可能。ただしその環境下での放置保管は避けて下さい

※注意※

購入直後はコーティングの油膜があるため滑りやすくなっています。
タオル等で水拭きしてから使用して下さい。


※とても分かりやすいレビュー動画を見つけました!

 ヨガマットのサブアイテム

CORCOPI ヨガラグ

価格 1680円 素材 マイクロファイバー
サイズ 長さ183cm x 63cm.
重さ 550g カラーは全5色

ヨガラグとはヨガマットの上に重ねて使用する敷物のこと。
例えば『汗をかくとマットが滑る』『貸し出されているマットの衛生面が気になる』『マットの臭いが気になる』などで悩んでいる方にはとてもおすすめです。
普通のタオルとは違ってcorcopiのヨガラグは滑り止め加工されていますからマットの上にひいてもヨレたりズレたりしません。
また、吸水速乾に優れ、汗をかいてくるとグリップ力が増してくる仕様なので特にホットヨガや動きの多いヨガにはいいですね。
洗濯も簡単ですし丸めれば気軽に持ち運べるのも最大のメリット。
いま使っているマット、貸し出されるマットに満足できないという人は一度ヨガラグを試してみてはいかがでしょうか

 

ヨガラグの選び方とおすすめ商品の記事はこちら!

ヨガラグ(ヨガタオル)のおすすめ商品と選ぶポイント

2017.07.25

 

Manduka マットウォッシュ

価格 1944円 容量 237ml

汗をかくヨガをやると大量の汗がヨガマットに落ちていきます。
せっかく買ったいいマットでもケアを怠れば劣化は早くなるし不衛生にもなります。やはり長く、清潔に使うためには日頃のケアはかかせません。
このManduka マットウォッシュはオーガニック認証を受けたクリーナーで直接肌に触れるマットを安全かつしっかりと洗浄してくれます。
さらに香りのいいエッセンシャルオイルが入っているのでマットを常にフレッシュな状態に保つことが出来るんです。
『リニュー』3種と『リストア』2種に分かれていて、『リニュー』はPVC、TPEなどマルチな素材に使えます。
対する『リストア』は天然ゴム製のマットに特化したクリーナーなので、お使いのマットの素材に合わせてクリーナーを選んで下さいね。

まとめ

今回は持ち運びを基本とした、製品の質、価格などのバランスが優れているヨガマットをセレクトさせていただきました。
自宅から始める方に関しても持ち運びを視野にいれて買っておいたほうが、気分が変わった時に合わせることができます。
『持ち運び用にもう一枚購入しなければ…』という手間も省けますからね。

いいヨガマットはヨガを取り組むうえで大幅にストレスを軽減させてくれます。
皆さんも自分に合ったお気に入りを見つけて素晴らしいヨガライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です