ヨガの日の食事は何がおすすめ?吸収率が高い時間帯を有効活用しよう

サラダ

『ヨガの前後は食事をしない』というのはヨガをやる方だったらほぼ常識になっていますよね。

だったらヨガの前後以外は何を食べてもいいの?というと、そうとは言えません。
例えばヨガをやった日の夜にたくさんご飯を食べてしまったり甘いスイーツを食べては、せっかく脂肪を燃やしても意味がなくなってしまいます。

特にヨガをやる日は食事のコントロールがとても大事。
食事を意識するだけでもヨガの効果を大きく伸ばすことが出来るのです。

そこで今回はヨガをやる日のおすすめの食事と『運動後の吸収率が高い時間帯』の活かし方を書いていきたいと思います。

ダイエット、美容、健康にも非常に役立つのでぜひ最後まで読んでいって下さいね。

ヨガの前後に食事してはいけないのはなぜ?

食事風景

ヨガの前と後では意味合いが違う

ヨガの前の食事

だいたいどのスタジオも『レッスンの2~3時間前に食事を済ませてください』とホームページに書いてあると思います。

ヨガでは様々なポーズをとるため、胃に食べ物が残っていると負担をかけてしまったり気持ち悪くなってしまう要因になるんです。
さらに胃に血液が集中してしまうため、血行が良くなり代謝が高まるというヨガの効果も薄れてしまいます。

ヨガの後の食事

ヨガの後の食事も1~2時間はあけるようにおすすめされていますね。

これは運動後には栄養を取り込みやすくなる、という特徴が関係しています。
この『吸収率が高い時間帯』に糖質を含む食事をしてしまうと、いつも以上に吸収され太りやすくなるのです。

仕事終わりでヨガに通っている方、そのままご飯を食べに行っていませんか?要注意ですよ!

糖質を含まなければ話は別
糖質を含まない食事の場合、ヨガ後に長い時間をあける必要はありません。

むしろ30分~2時間以内にしっかり栄養を補給した方がいいでしょう。 

食事をとらないのはNG

だからといって「ヨガ前後の食事がダメなんだったら、いっそ食事を抜いちゃおう」なんて考え方は絶対にNG!

特にホットヨガはたくさん汗をかき体力を使う運動です。
食事を抜いたままでは体力がもちませんし、しっかりヨガに打ち込むことは出来ないでしょう。

またヨガが終わった後の食事はとても重要なもの。

『汗をかく』ということは一緒にビタミンやミネラルが流れていくことを意味します。
それに運動後は脂質や糖質が血中から抜けて、体がもっとも栄養補給を求めている状態です。

よく「夜も遅いから…」と食べない方がいらっしゃいますが、この時に食事を抜いてしまっては代謝が悪くなり、不調や痩せない原因になってしまうんですね。

しっかり体に栄養を与えることがダイエットや美への近道になるわけです。

ヨガの日のおすすめの食事

ヨガの前(2~3時間前まで)

ヨガをやる日は胃に負担をかけないためにも脂質を控えた食事がおすすめです。
ダイエット中の方でしたら炭水化物は抜きたくなるところですが、糖質は大切なエネルギー源なので全く食べないのはよくありません。
量を減らして食べる分には問題ないのでしっかり食べるようにしましょう。

基本的には消化の悪いもの以外だったら自由に食事しても大丈夫です。
ただしお腹いっぱい食べるのではなく腹7~8分くらいに留めておいて下さいね。
レッスンが始まる前にどうしてもお腹がすいてしまった場合、1時間ほど前だったらバナナなどの消化の良いフルーツを食べましょう。
バナナ、リンゴ、ブドウなどのフルーツはだいたい30分〜1時間ほどで消化されるので安心です。

食事例

おにぎり、うどん、そば、煮物、サラダ、温野菜、野菜スープ、野菜たっぷりのサンドイッチなど…

NGな食事

炒め物、揚げ物、調理パン、ジャンクフード、クリーム系のパスタなど…

ジェシカ・アルバさんの場合

アメリカの人気女優ジェシカ・アルバさんは大のホットヨガ好き。
さらに彼女はヨガ以外にもたくさんのワークアウトをこなしており、子供が2人(現在3人めを妊娠中)いる今でもその抜群のプロポーションと美貌を維持しています。

そんな彼女がワークアウト前に食べる朝食が抹茶スムージーです。
この抹茶スムージーはプロテイン、抹茶、バナナ、ココナッツ・ウォーター、氷をミックスして作ります。
なぜ抹茶なのかというと彼女の友人が大の抹茶好きで、その友人に勧められて以来、日常的に取り入れるようになったのだとか。

しかし実際、抹茶に含まれるカテキンには脂肪燃焼を促進する効果があり、理にかなった朝食といえるでしょうね。

 

ヨガの後(30分ほど後)

ヨガの後はタンパク質の摂取がもっとも重要。
そこに食物繊維や脂質、ミネラル、ビタミンなどを取り入れたメニューがおすすめです。(メニューを考えるのが面倒くさい人は、とにかくタンパク質と野菜をバランス良く食べるように意識すればOKです!)

なぜタンパク質が重要なのかというとタンパク質は筋肉の素になるから。つまり代謝を上げ脂肪燃焼させるためにもタンパク質の摂取はとても大切なことなんです。

またダイエット中の方は夜は炭水化物などの糖質は控えたほうがいいでしょう。
その場合、食物繊維は多めに食べるようにして下さい。

お酒を飲まれる方は出来ることならヨガをした日は避けてほしいところなんですが…どうしても飲みたいという方はヨガ後、最低でも2時間はあけて飲んで下さいね。

食事例

ささみの梅あえ、サーモンのマリネ、豚肉と白菜の蒸し物、具沢山の豚汁、ポトフ、きのこと小松菜の煮浸しなど…

NGな食事

フルーツ、スイーツ、お菓子、ジュースなど…

運動後の吸収率が高い時間帯の活かし方

運動後、特に30分以内は体が栄養を取り込みやすくなる時間帯。
普通に食事をとったり、甘いものを食べてしまってはマイナスですが、活用次第では『体に栄養を与える絶好の時間』にもなります。

篠原涼子さんの場合

篠原涼子さんはヨガ歴10年にもなるベテラン、さらに40を過ぎて溶岩ヨガも始めました。
今では時間がある時は1日に2レッスン受けるほどハマっているそう。

そんな彼女の『吸収率が高い時間帯』の活かし方は手作りの酵素ドリンクを飲むこと。

ヨガ終わりには必ず飲むそうで健康、美容の秘訣だと話しています。

プロテイン、スムージー、電解質を含むドリンクもおすすめ

篠原さんの場合は酵素ドリンクでしたが、プロテインやスムージーなんかもおすすめです。

特にホットヨガなどでたくさん汗をかいた場合は体が脱水状態になっているので電解質を含むドリンクもいいですね。
自分の体の状態や、どんな栄養が足りないのかを考えてうまく取り入れるようにしましょう。

ホットヨガの水分補給はタイミングと電解質が大事。おすすめの飲み物も紹介!

2017.11.17

まとめ

いかがでしたか?

ヨガの日の食事のポイントは

  1. ヨガの前の食事ではエネルギー源をしっかり摂取すること。また、ヨガ前にお腹がすいたら消化の良いフルーツを食べること
  2. ヨガの後の食事ではタンパク質と野菜類を意識して食べること
  3. 運動後の『吸収率の高い時間帯』をうまく活用すること

この3つをおさえればヨガの効果もさらに高まるでしょう。

ダイエットしている方は食事を避けがちですが、食べ物の内容に気を使っていれば太ることはありません。
しっかり栄養をとって美しく健康的に痩せましょう。