ヨガは体が硬くても全然問題なし!柔軟性をアップして美と健康を手に入れよう

ヨガに興味を持たれている方で一番多いのが『体が硬くても出来ますか?』という質問。

実際ヨガのポーズは柔軟性を要するものが多いので不安になってしまう気持ちも分かります。
ですが結論から言うと体が硬くても全く問題ありません

ヨガは痛いのを我慢して無理にポーズをとったり、うまくポーズがとれないと効果がないなんていうものではないのです。

今回はそこらへんの”柔軟性とヨガについて”を詳しくご紹介していきます。

柔軟性と体の関係

体が硬い原因とデメリット

まず、体が硬くなってしまう原因を簡単に説明していきますね。
その原因とは大きく分けて3つ。

  • 関節の可動域
  • 運動不足
  • ストレス

関節の可動域

体が硬い人はこの可動域が狭い状態になってしまっています。
これは生まれつき広い、狭いという話ではなく(まれに先天的に凄く広い人もいますが…)、日常生活の過ごし方によって変化していくものです。

例えば同じ姿勢でいることが多い、デスクワークなど体をあまり動かせない仕事をしているといったように、関節の可動域が狭い生活が続くとどんどん錆びついてきて、その狭さで固定されてしまうんですね。

また姿勢の悪さも悪影響を及ぼします
姿勢が悪いと関節や骨盤の位置がズレてしまい正常な可動域ではない状態になるんです。

よくテレビで整体の先生が体の硬いタレントに施術をし、ものの数分で前屈で手をベタッーと床につかせる…なんて企画を見ませんか?
あれはズレた関節を正しい位置に戻してるだけ。つまりそれだけ姿勢は大事な要素というわけです。

運動不足

これは関節の可動域とも関係があるのですが、やはり体を動かさないと筋肉も硬くなってしまいます。

そのメカニズムは運動不足→筋肉が萎縮する→筋膜が厚くなる→血液もうまく届かなくなる→筋肉が硬くなる
というプロセスを辿るんですが要約すると、関節と一緒で”使わないと錆びてくるよ”って話です。

筋肉が硬くなるデメリットはたくさんありますが、代表的なのは『肩こり』ですよね。
肩こりは筋肉と筋膜が癒着して、血流が滞り老廃物が溜まることで起きます。

こうなってしまうと単純なマッサージでは解消されず、筋肉を柔らかくしないと根本的な解決にはなりません。

ストレス

ストレスを感じると筋肉が緊張し、硬直します。
一時的なものだったらまだいいのですが、仕事や私生活で慢性的にストレスを抱えていると、筋肉の強張りもまた慢性化していってしまいます。

ストレスはまさに”万病の元”です。
しかし現代社会においてストレスを全く感じずに生活するのはなかなか難しいこと。
適度に発散させながら、うまくストレスと付き合っていかなければいけません。

体が硬いデメリットとは?

では具体的に体が硬いデメリットをザッとあげていきましょう

  • 肩こり、腰痛になりやすい
  • 太りやすい
  • 疲れがとれにくい
  • 手足が冷える
  • 肌の状態が悪くなる
  • 怪我をしやすい

どれか1つでも心当たりはありませんか?

もちろん様々な要因が重なっている場合がありますが、主な原因としてあげられるのが血行不良によるものです。

体が硬いと血液の巡りはどうしても悪くなっていってしまいます。
血流は酸素や栄養を届けるだけでなく、老廃物の排出もしてくれるため、ここが滞ってしまうと酸素、栄養が行き渡らず老廃物も溜まっていくという悪循環に陥るんですね。

その結果、気がつかない内に徐々に体に悪影響が出てきてしまうんです。

※怪我をしやすくなるのは血行ではなく筋肉の強張りや関節の可動域の狭さによるもの。ふとした動きで腱や靭帯、筋肉を痛めてしまうことがある。

体が硬くても無理なく出来るヨガの凄さ

ヨガの3つのポイント

体が硬いという事は実は体にかなり悪影響を及ぼしているということが分かりましたね。
つまり逆をいえば柔軟性をあげることがどれだけメリットがあるかも知って頂けたかと思います。

ここでやっと本題。なぜヨガは体が硬くても問題ないのか、その理由は以下の3つのポイントがあるからなんです。

  1. 人と比べない
  2. 無理にポーズをとらない
  3. 自分に合ったヨガを選択できる

① 人と比べない

ヨガは人と比べるものではありません。例えば皆ができているポーズを自分ができないからといって恥ずかしい…なんて思う必要は全く無いのです。
というのもヨガは『自分と向き合うためのもの』だから。

他人とポーズのうまさを競うものではないし、インストラクターもポーズがとれない生徒に向かって「こうしないとダメ!」と頭ごなしに注意する人はいません。(アドバイスはしてくれます)

初めは自意識過剰になって周りを見て比べてしまいがちですが、レッスンを通して”気にしなくていいんだ”ってことがお分かり頂けると思います。

ヨガはマイペースに取り組め、マイペースに成長していけるのです。

② 無理にポーズをとらない

特に初心者向けのレッスンや運動量の低いレッスンなどは、基礎的なポーズが多いのでそこまで心配しなくてもいいのですが、中には「これキツいな…」というポーズもあるかと思います。

そんな時は無理して正しいポーズをとらなくても大丈夫。
大事なことはポーズを通して体のどこが伸びているのかを感じること、そして自分の出来る範囲でポーズをとることです。

スタジオやインストラクターによっては『体が硬い人はここに手を置きましょう~」』といった代替ポーズも提案してくれます。
もしそれがなかったとしても無理はせず、気持ちよく伸ばせる位置を探しましょう。

ヨガを続けていけば柔軟性が増し、いずれ必ず正しいポーズがとれるようになっていきます。

③ 自分に合ったヨガを選択できる

ヨガには様々な種類やレッスンがあります。

例えばパワーヨガなら運動量が多めでエクササイズ要素が強いヨガ、リラクゼーションヨガなら座り、寝ポーズ中心のリラックスを目的としたヨガ、など自分が求める目的やレベルに合わせて選択できる自由度があるんです。

また、色々なヨガのポーズを組み合わせたオリジナルレッスンをやっているスタジオも多いので、レッスン内容を吟味して自分がやりたいと思えるレッスンを探してみるのもいいと思います。

体が硬い人がうまくヨガを取り組む方法

実は体が硬い人がより快適にヨガができる方法があります。
自宅で使用してもいいですしスタジオ選びの参考にしてみて下さい。

プロップス

プロップスとはヨガで使う補助具のことをいいます。柔軟性が足りない時に無理なく正しいポーズと同じ効果が得られる優れものです。
代表的なのはヨガブロックやヨガストラップなどですね。

こちらはヨガブロック。本来は手を床につけなければならないのですが、ブロックを使って負担を軽減しています。

これはヨガストラップです。手が届かないときなど足に引っ掛けて使ったりします。

プロップスの良い所は、よりストレッチが深まること。また安全かつ快適に正しいポーズの感覚が身につくためそれだけ成長するのも早くなります。

ホットヨガ

ホットヨガは湿度や温度が調整された暖かい環境で行うヨガのことです。

この”暖かい環境”で行うメリットはデトックスや血行促進、脂肪燃焼など様々ありますが、実践中に特に感じることが出来るのが『体が柔らかくなること』
体が温まると筋肉や筋がほぐれて通常時より深くストレッチができます。

またホットヨガスタジオにはその環境を生かした色々なレッスンメニューがあるのも魅力的。

体が硬い人は血流が悪くなりがちなのでホットヨガは良い選択肢だと思いますよ。

LAVAの体験レポートはこちら

カルドの体験レポートはこちら