中高年でもホットヨガは出来る?利用者の年齢層や気をつけたいポイントを解説!

ハタヨガ

ヨガは年齢に関係なく幅広い方が出来る運動です。

ですがホットヨガの場合は室温、湿度が調整されたホット空間で行われるため、特に中高年の方は体への負担を心配される方も少なくありません。

確かに特殊な環境だけに気をつけなければならない事もありますが、その分うまく活用すれば通常のヨガ以上の恩恵を受けられるメリットもあるんです。

そこで今回は中高年の方向けに注意点やホットヨガの利用者事情などを書いていきたいと思います。

50~60代の方も通っている

上記はLAVAが掲載しているデータのものです。

基本的にホットヨガの利用者は20~30代が中心ですが、40~50代以上の方も30%の利用者がいらっしゃることがお分かり頂けると思います。

もちろんスタジオや地域によっても違っていて、あくまで個人的な印象ですがロイブやカルドなどは若い方が多く、ヨガプラスは年齢層が高いイメージ。LAVAは店舗数も多いため幅広い年代の利用者がいるな…という感じです。

私はいろんなスタジオでレッスンをしましたが、特に午前中~お昼の時間帯はよく60代の方とレッスンが一緒になったこともありました。

さすがに60代の方はかなり少数になりますが、それでもホットヨガは他のエクササイズと比べても年齢層の幅はかなり広いですね。

中高年の方が特に気をつけておきたいこと

中高年の方に特に気をつけて頂きたいのが、『水分補給』『無理をしない』という2点。

定期的な水分補給が大事

中高年の方の中には、たくさん汗をかいても喉の乾きをあまり感じない…という方もいらっしゃると思います。

ホットヨガはたくさん汗をかいて、たくさん水分を補給することにより体の水分を循環させデトックスしていくのが大きなメリットの1つ。

水分補給を怠るとそういった水分循環が行われないだけでなく、体調不良の原因になったり、脱水症になりかねないので例え喉が乾いてなくても定期的に水分を補給するようにしましょう。

これはあまり汗をかかないという方も同様です。
特に普段から運動不足の方は汗をかく機会が減り、汗腺が鈍ってしまって汗をかきずらくなっているかもしれません。

汗をかかないのはそんなにいけないこと?と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、汗は体温調節以外にも様々な役割を担っています。

なかでも体の毒素排出は汗をかくことがとても有効で、体に取り込まれてしまった鉛や水銀などの科学物質は汗でしか出すことは出来ません。

ホットヨガを続けていくと最初はあまり汗をかかなかったとしても、汗腺が鍛えられて徐々に汗をかけるようになってくるので、しっかり水分補給をしつつ汗をかける体になりましょう。

レッスン時の水分補給

スタジオによってはインストラクターの方が定期的に「ではここで水分を補給して下さい」といった指示をしてくれます。

ただ指示をされたタイミング以外に飲んではいけないという事ではないので、喉が乾いた時はポーズとポーズの間などに自由に飲んでも大丈夫です。

またあまり喉が渇かない、汗をかかないという方はレッスンが始まる前と後にも普段より多く水分をとっておきましょう。

ホットヨガの水分補給はタイミングと電解質が大事。おすすめの飲み物も紹介!

2017.11.17

無理をしない

無理をしないというのは”他のレッスン参加者を気にしない”ということでもあります。

初心者の方だと周りの参加者と自分を比べてしまって、ポーズがちゃんととれているのか?間違っていないか?不安になることがあると思います。

ヨガは自分に集中するのが凄く大事で、最初はポーズを正しくとるよりも体の伸びを感じたり呼吸を意識したり、といったことが重要なんです。

また、ホット空間では筋肉がほぐれて普段より体が伸ばしやすくなりますが、無理をしてキツいポーズをとってしまうとレッスンが終わった後に筋を痛めてしまいかねません。

キツいポーズは体の伸びをよく感じる所で止めても大丈夫です。

続けていくうちに体の強張りがとれて、徐々に正しくポーズがとれるようになっていきますよ。

万が一、体調不良になったら…

レッスン中に万が一、体調が悪くなってしまったらインストラクターに声をかけてすぐにレッスンスタジオから出るようにしましょう。

原因としては水分不足、呼吸が浅いことによる軽い酸欠、体質的な問題などが考えられます。

また、レッスン当日にあまり体調がすぐれない時もレッスンには参加しないようにして下さいね。 

ヨガは呼吸を一番意識しよう!その効果やコツについて解説します

2017.11.26

おすすめのスタジオやプログラム

おすすめのプログラム

行くスタジオによってレッスンの内容は違ってくるのですが、大まかに分けて4つほどの種類があります。

  1. 基礎的なヨガを学べるベーシックなプログラム
  2. リラクゼーションを目的としたプログラム
  3. 運動量が多めのアクティブなプログラム
  4. 体質改善、部位別の引き締めなどのお悩み解消プログラム

このなかで特におすすめなのが、1と2のプログラムです。

1のベーシックなプログラムでは基礎的なポーズや呼吸を学べるのですが、その中でも運動量の低い初心者の方やヨガが初めての方に向けたレッスンを選択すると良いでしょう。

また、それでもついていけるか心配な方や長年の運動不足で久しぶりに体を動かすという方は、2のリラックス重視のプログラムから始めると安心です。

リラクゼーションを目的としたプログラムでは、基本的に座りポーズや寝ポーズが中心で心身をほぐしていきます。

ホットヨガなのであまり動かなくても汗をかけますし、ゆっくり体をほぐしていくことで徐々にヨガに慣れていきましょう。

おすすめのスタジオ

ヨガプラス

ヨガプラスでは3種類の温度設定を選択してレッスンすることが出来ます。

  • 22℃(夏や冬でも快適にできる常温ヨガ)
  • 27.2℃(低温でじっくり汗をかける温度)
  • 40℃(発汗を促すホット空間)

中高年の方は特に暑すぎる空間だとバテてしまいやすいと思うので、温度を選択できるヨガプラスはまさにうってつけのスタジオです。

最初はローホット(低温)で様子をみてもいいですし、ヨガに慣れるまでは22℃の常温から始めてみるのもいいでしょう。

またヨガプラスにはプライベートレッスンがあり、インストラクターとカウンセリングをして一人ひとりに合わせて作成されたレッスンを受けることが出来ます。

ご自身の体の悩みや目標を相談したり体の癖や歪みなどの状態をみてもらって、自分だけのオリジナルメニューにカスタマイズしてくれるので、明確な目標、体の悩みがある方やマンツーマンで集中できる環境がいいという方はおすすめです。

ヨガプラスの公式サイトへ

 

LAVA

LAVAは全国に400店舗以上も展開しているホットヨガスタジオの最大手です。

ご自宅や仕事場の近くで見つけやすいだけでなく、プログラムも豊富で自分に合ったレッスンが選択しやすいのもポイント。

また設定温度は地域やレッスンによって違いますが、ホットヨガスタジオ全体でみると中くらいの設定なので初心者の方には始めやすいと思います。

LAVAは参加者の年齢層も幅広いですし、インストラクターの評判も比較的いいので気になった方はぜひ体験レッスンを受けてみて下さいね。

LAVAの公式サイトへ