メンズでも気兼ねなく行ける!おすすめのホットヨガスタジオと注意点

最近は男性の方でもホットヨガをやる方がどんどん増えています。

しかし実際にはホットヨガに通っている方の多くは女性で、まだまだ男性の方は肩身が狭い環境であることに変わりはありません。

そこで今回は男性の方でも気兼ねなく通えるおすすめのホットヨガスタジオと、よくある疑問や注意点などを書いていきたいと思います。

効果についてはこちらの記事で!

男性のヨガに大注目!メンズヨガの効果や始め方を紹介します!

2017.06.21

男性のホットヨガ事情

実は常温のヨガでは男性の利用者も一定数いるクラスが多いのですが、ホットヨガになるとその数もグッと減ってしまう傾向にあります。

やっぱりホットヨガの場合はより薄着になりますし、たくさん汗をかくので体臭を気にする方も多いみたいです。

なにより女性が大半を占めているので周りの目が気になったり、肩身が狭い思いをするでは…との思いからやりたいと思っても、なかなか踏み出せない人がたくさんいると思います。

実際の参加者はどれくらい?

スタジオには『女性専用』と『男女共用』の2種類があり、現時点では男性専用のホットヨガスタジオはありません。(男性専用クラスはあります。詳細は後述します)

私は男女共用でもあまり気にしたことはないので、男性の方が参加しているクラスで何回もレッスンを受けてきました。

もちろん店舗や地域によっても違うとは思いますが、平均して5人ぐらいは毎回男性の方がいましたね。

お友達同士で来ていた若い方や一人で来られている年長者の方もいましたが、友人に話を聞くとカップルか夫婦のような、男女ペアで参加している方もいるみたいです。

肩身が狭い問題の対策

男性がホットヨガに通う一番の障害は”肩身が狭い”ことですよね?
これについては気にしなくても大丈夫、ということをいいたいです。

男性が苦手な方は最初から女性専用のスタジオに行きますし、そもそもスタジオが男女共用に設定している訳ですから、男性の方には堂々とレッスンを受けてほしい思っています。

それに先程も書きましたが、男性の参加者が全くいないということはないと思うので、そこまで心細く感じる必要はありませんよ。(心配な方は店舗に電話してどのくらいの男性参加者がいるか聞いてみましょう)

それでもヨガに集中出来ない方は

どうしても女性が多い環境に慣れずにヨガがやりにくいと感じる方は

  • レッスンスタジオが広い店舗に行く
  • 男性専用クラスに行く

いずれかの選択がおすすめです。

レッスンスタジオが広い店舗

レッスンスタジオが狭いほど距離も近くなりますし、女性の方も男性に対して構えがちになってしまいます。

レッスンスタジオが広い店舗というのはそれに伴って参加人数も多くなりますが、狭い店舗と比較した場合、それでも距離を空けて伸び伸びと体を動かすことが出来るんです

また、参加人数が増えるということは男性参加者の数も多くなるので男性にとってもやりやすい環境だと思います。

男性専用クラス

男女共用スタジオの中には”男性専用クラス”がある所があって、インストラクターも参加者も全員男性でレッスンが行われます。

これはもう何も気にする必要はありませんよね。思いっきりヨガが出来ます。

女性との交流目的で行っても大丈夫?

ホットヨガをやりたいと思っている男性は純粋に運動、リラックス目的で始めようとしている方がほとんどだと思いますが、万が一、女性とのコミュニケーションが目的で行こうとしている方がいたらやめて下さい。

そもそも更衣室は別で、レッスン中は私語厳禁、レッスンが終わったらすぐにシャワーを浴びに行くので話しかけるスキもないと思います…。

別に絶対に話しかけるな、と言っているのではなく自然なコミュニケーションはいいと思うのですが、不純な動機でヨガを始めてほしくないのです。

ヨガは自分を磨くためのツール。通われている女性の方の大多数は一生懸命話しかけられても迷惑するだけだと思うので、あくまでご自身の目的のために通うようにしましょう。

男性におすすめのホットヨガスタジオと選び方

まず検討するべきスタジオ

カルド

カルドは全国で20ヶ所以上のスタジオが男女共用になっており、比較的に男性の利用者も多いスタジオ。

というのもカルドの特徴は、レッスンスタジオがとても広いこと、フィットネスエリアやトレーニングジムが併設されている店舗が多いことで、男性の方にも通いやすい環境にあるからです。(フィットネスエリアは会員ならば無料で利用可能)

また仕事終わりが遅い方でもレッスンが受けられるように21時以降のレッスンが充実していたり、料金においても『地域最安値』をコンセプトにしているだけにコスパがかなり高いスタジオでもあります。

岩盤浴、加圧トレーニング、ボルダリングなど併設されているスタジオも充実しているので、様々な通い方が出来るのも男性に人気の理由でしょうね。

フィットネスエリアとH!Mジムについて

フィットネスエリアはランニングマシンやエアロバイクなど、有酸素運動ができるマシンしか置いておらず、H!Mジムに比べると台数も少なめです。(新宿店などの例外もあります)

対してH!Mジムはジムの利用に別途お金がかかりますが有酸素マシン、ウエイト系マシン、フリーウエイトと豊富にマシンを取り揃えた本格的なジムになります。店舗によってはホットヨガとのセット価格でかなり得になるプランもあるようなのでチェックしてみて下さい。

カルドの公式サイトへ

checkカルドの体験レポはこちら

LAVA

LAVAは全国に男女共用のスタジオがたくさんあり、男性限定レッスンの実施や曜日限定ですが男性専用スタジオの開設(新橋店)など、男性のホットヨガの利用に力をいれているスタジオです。

LAVAの特徴はなんといっても通いやすいこと
圧倒的な店舗数と、1店舗分の月会費で2店舗通える『プラス1店舗サービス』があるため、会社の近くと自宅の近くで好きな店舗に通うことができるんです。

男性のインストラクターも充実していますし、初心者の方も多く通っているので始めやすいスタジオだと思います。

※男性利用可能のスタジオは「体験予約」から「男性」を選んで頂くと、男女共用スタジオだけが絞り込まれて提示されるので便利です。

LAVAの公式サイトへ

checkLAVAの体験レポはこちら

より本格的なヨガをやりたいなら

ヨガプラス

ヨガプラスは関東、関西に19店舗を展開しているスタジオで、梅田店B2を除き全店舗が男女共用スタジオになっています。

ヨガプラスの特徴は常温、ローホット、ホットの三種類の温度を選択できること。また、ヨガワークスの指導メソッドを取り入れているので本格的なヨガレッスンを受けることができることです。

ここでいう”本格的なヨガ”とは、どちらかというとカルド、LAVAはエクササイズ寄りなレッスンに対しヨガプラスでは呼吸、ポーズ、瞑想から成り立っている本来のヨガが学べるとうことです。

また、その日の気分や体調によって室温を選択することもできます。特に暑すぎるのが苦手な方や、中高年の方などにもおすすめしたいスタジオですね。

ヨガプラスの公式サイトへ

checkヨガプラスの体験レポはこちら

ビクラムヨガ

ビクラムヨガは世界的にも有名なスタジオで、マドンナやレディー・ガガなど数々のハリウッドスターが通っており”ホットヨガの元祖”でもあります。

日本では現在、銀座、新宿、大阪本町、京都の4店舗展開しており、全店舗で男女共用です。

ビクラムヨガの特徴としてはレッスンが1種類しかなく90分で固定されていること。室温が高いことですね。

なぜレッスンが1つしかないのかというと、創始者であるビクラム氏は数多くあるハタヨガのポーズから厳選してチョイスし、2種類の呼吸法を組み合わせてレッスンを構築しており、1つのレッスンのなかに様々な要素が詰め込まれているからです。

その効果は多くの有名人が実践し、世界的な店舗展開をみれば明らかですね。

ただ難点は初心者でも90分のレッスンを受けなければならず、特に運動不足の方だとだいぶ辛いということ。

ビクラムヨガの場合はヨガの経験者や、普段から体を動かしている方におすすめします。

ビクラムヨガの公式サイトへ