ヨガは自宅よりもスタジオでやったほうがいい理由

ヨガを始めようと思った時にスタジオに行くか、独学で自宅でやるか迷われている方はいませんか?

最近はヨガに関するユーチューブやDVD付きの本などが充実しており、以前よりも自宅でヨガがやりやすくなっていると思います。

しかし、やはりヨガは教えてくれる先生がいて集中できる環境であるスタジオで習うのが一番です。

今回はその理由とスタジオに行くメリットを説明していきたいと思います。

スタジオで習ったほうがいい3つの理由

集中できる環境

ヨガをやるうえで1番といっていいほど大事なことは集中できる環境です。

なんだそんな事か、と思うかも知れませんが自宅で集中しながらヨガを続けることはなかなか難しいんです。

自宅はリラックスできる場所であり、気が散る物が多く置いてある場所ですよね。
まして日常を過ごしている拠点ですから集中のスイッチをいれるのは簡単なことではありません

特に初心者の方は始めこそ集中してヨガに取り組みますが、何回かやる内に集中力がなくなってきて呼吸法がおろそかになったり、苦手なポーズを飛ばしたり、だらけてきて続かなくなってしまう方が多くいます。やはり環境においてもメリハリは大事な要素なんです。

一度体験して頂ければ分かると思いますが、スタジオでは生徒さんやインストラクターの方がいて、一体となって集中モードに入ります。
スタジオの雰囲気やインストラクターの誘導もあり集中のスイッチが一気にバチッと入る訳です。

さらに一緒にレッスンを受ける生徒さんの存在はモチベーションにもなってくれますし、1人でやるより長続きする環境ともいえますね。

グループレッスンが苦手な方は…
ヨガのレッスンは自分と向き合うためのものでもあります。
レッスン中は和気あいあい楽しくという雰囲気ではなく、皆さんポーズや呼吸にとても集中しているのです。

もちろんレッスンが終われば友達同士で来ている方や、スタジオで仲良くなった方などはおしゃべりしたりもしますけど、1人で来られている方も多いのでグループレッスンが苦手、人見知りだから心配という方でも大丈夫だと思います。

なかにはマンツーマンでレッスンをしてくれるスタジオもあるので、グループレッスンがどうしても気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

ポーズ、呼吸法を効果的に学べる

自宅でヨガをやる場合ポーズや呼吸法がうまく出来ていなかったり無理して体に負担をかけてしまったりすることがあります。

体が硬い人はどこまで我慢してポーズをとったらいいか分からないだろうし、息が苦しくなったりポーズが出来ていなくてもアドバイスしてくれる人はいません。

始めたての頃は分からないことや疑問に思うことが多いと思いますが、1人だと当然誰にも聞くことができませんよね。

スタジオだとレッスン後にインストラクターに質問したり、レッスン中にはアドバイスをしてもらえます。

レッスンがパッケージ化されたDVDや本を見ながらやるのもいいと思うのですが、人それぞれ苦手なポイントも違うので実際にインストラクターに習ったり見てもらった方が上達も早いですし、効果的に取り組めるのです。

スタジオならではの効果がある

ヨガスタジオには様々な種類がありますね。

常温ヨガ、ホットヨガ(溶岩ヨガ)、エアリアルヨガ、ハンモックヨガなど、それぞれのスタジオにはそれぞれのメリットがありご自身が求める効果を選択できる幅広さがあります。

例えば、常温ヨガだったら精神面を大切にした本格的なヨガを習いたい方、エアリアルヨガだったらよりリラックスした状態で体を伸ばしたい方といった具合にスタジオには独自の効果があるわけです。

さらに自身のレベルや悩みに合ったレッスンを選べるので、初心者の方や上級者の方でも満足できることが特徴です。

特にホットヨガでは高温多湿の環境を活かし、ダイエット、デトックスの美容レッスンや冷え性などの体質改善レッスン、肩こり、骨盤矯正などの健康レッスンなどいろんな種類のレッスンを受講できる所が多いので、『何かを改善したくてヨガを始めた』という人にはおすすめですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

自宅でやる環境とスタジオの環境では大きな違いがあることが分かりましたね。

よくスタジオのほうが難しいレッスンをしているのでは…?と勘違いしている方もいますが、ほとんどのスタジオは初心者向けのレッスンが多く行われています。

年齢も10代~60代と幅広く取り組めるのがヨガの魅力でもあるので(シニアヨガだと70、80代の方も!)、まずは体験レッスンを受けてスタジオの雰囲気を体感してみてはいかがでしょうか。